カテゴリー: 御教え

御教え『霊層界』

「霊界叢談(自観叢書第3編)」昭和24(1949)年8月25日発行

 

霊界の構成はさきに述べたごとく、天国、中有、地獄の三段階が三分されて九段階となっており、一段はまた二十に分かれ、一段階二三ンが六十段となり、三六(さぶろく)十八すなわち総計百八十段となる。私は名づけて霊層界という。その上宇宙の主宰者たる主神が坐(ましま)すのである。主神の主の字は一二三本の横線を縦の棒一本を通し、上にヽが載っている事はおもしろいと思う。そうして人間と霊の関係を詳しく説明してみるが、人間の肉体そのままの形体である精霊があり、その中心に心があり、心の中心に魂があるという具合に、大中小の三段否三重となっているが、その魂こそ神から与えられたるもので、これが良心そのものである。この魂の故郷すなわち本籍地ともいうべき根源が、右の百八十段階のいずれかに属しており、これを名付けて私は幽魂という。この幽魂と人間の現魂とは霊線によって繋がれており、絶えず人間の思想行動は幽魂に伝達され、それが神に通じており、また神よりの命令は幽魂を経、霊線を通じて人間に伝達さるるのである。この例として人間が種々の企図計画をなし、目的を達成せんと努力するも事志と違い、思わぬ方向に赴いたり、意外な運命に突当ったりする場合つくづく顧みる時、何等か自分に対し見えざる支配者があって、自分を操っているように想われる事を大抵の人は経験するであろう。すなわちこの支配者なるものが右の幽魂から伝達さるる神の意志である。故に神意に反する場合何程努力するといえども、努力すればする程逆効果になるものであるから、人間は常に自己の考えが神意に合致するや否やを深く省察しなければならない。しかしながらこの場合私欲邪念があるとすれば、それは神意の伝達を妨害する事になるから、一時は良いように見えても、ついには必ず失敗するものである。この理によってなんらかの計画を立てる場合、よくよく自己を省み、その目的が善であるか、社会人類に役立つべきものなるや否やを深く検討しなければならない。ここでおもしろい事は、邪念のため神意に添わずために失敗苦境に陥る場合、その苦難によって、邪念の原因である罪滅が滅減する事になるから、そのため魂が磨かれる結果となり、今度は神意と合致するようになり、成功する事になる。世間よく一度失敗しその後成功する例がよくある事や、特に失敗の度数の多い程大成功者となる例があるが、右の理によるのである。 Read More

御教え『日本人種の霊的考察(上、中、下)』

『日本人種の霊的考察(上)』

昭和26(1951)年3月25日発表

 

此問題を説くに当たって断っておきたい事は、以下の所説は史実にもない事柄ばかりであるから、その心算(つもり)で読まれたいのである。然(しか)し日本人なら、是非知っておかねばならない事なので、茲(ここ)にかいたのである。それなら何故今迄にかかなかったかというと、何しろ事柄が事柄なので、終戦前迄は誤解され易い点が多々あるのでかかなかったのである。 Read More